Grind size: Choose wisely for better coffee

Discover Coffee

Grind size: Choose wisely for better coffee

挽き目選びのポイント

024

The World of Coffee 024

Maruyama Coffee’s packages of ground beans all fall into the “medium-grind” variety.
We’re happy to do other grinds, though—we’ll prepare the beans however the customer wants them.
The different grinds all have their own characteristics; the finer the grind, for example,
the easier it is for the ingredients in the coffee to dissolve.
One key to remember, however, is that the best size often depends on the extraction device.

Coarse grind
Great for a light-tasting French-press or paper-filter drip brew.

Medium grind
A versatile grind for virtually every extraction device, from French presses
and coffeemakers to drips, siphons, and cold-brew setups.

Fine grind
Ideal for strong-tasting results with a moka pot, drip, siphon, or cold-brew approach.

Extra-fine grind (espresso grind)
Often used to make cooked Turkish coffee or brews in espresso machines.

Start out by sampling a given grind size, using the basic guidelines above for reference.
If you’re after a stronger taste, make your next grind finer; if you prefer a lighter finish, try something coarser.

Home grinders should focus on getting a uniform grind size.
There shouldn’t be too much variation in the grounds—otherwise, you’ll end up with too much variation in the overall flavor.
If you’re hand-grinding, for example, rotating at a steady speed helps keep the size of the grounds consistent.

丸山珈琲ではコーヒー豆を粉に挽いて販売する場合、“中挽き”でご用意しています。
もちろん、ご要望に応じてそれ以外の挽き目もご用意します。
挽き目が細かいほどコーヒーの成分が溶け出しやすくなりますが、どの抽出器具を使うかによって適した挽き目は変わってきます。

粗挽き
フレンチプレスやペーパードリップで、あっさりと仕上げたいときに。

中挽き
フレンチプレス、コーヒーメーカー、各ドリップ式、サイフォン、水出しなど、
多くの抽出器具に適した汎用性の高い挽き目です。

細挽き
マキネッタでの抽出や、ドリップ、サイフォン、水出しで味わいを濃厚にしたいときに。

極細挽き(エスプレッソ挽き)
主にエスプレッソマシンで使われます。 煮出すトルコ式コーヒーにも適しています。

初めは上記を参考にした挽き目で飲んでみて、濃くしたい場合は少し細かく、あっさりにしたければ少し粗めに、といった具合に微調整するとよいでしょう。

ご家庭で豆を挽くときに気をつけたいのは、粉の粒を均一にすることです。粒が揃っていないと抽出したコーヒーの風味がバラバラになってしまいます。
例えば、手回しの場合は、一定の速度で回すとバラツキができにくくなります。