Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill

Discover Coffee

Toño Barrantes
Herbazu Micromill

025

Costa Rica

Dear Growers025

  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
Whenever I go to Costa Rica, Toño Barrantes’s Herbazu Micromill is always the first place I pay a visit to. My local guide, an exporter named Francisco Mena, puts it at the top of his list of tour stops. The location has something to do with it, I’m sure. It’s in West Valley, one of the closest first-rate growing area to the capital city of San José, which makes for easy access. That’s not the only reason why Herbazu is Francisco’s first destination, though. He also knows that Toño’s coffee is a rock-solid recommendation, the perfect way to get any tour off on the right foot.
コスタリカに行くと最初に立ち寄るマイクロミルがある。トーニョさんのエルバス マイクロミルだ。輸出業者であるフランシスコ・メナさんのアテンドコースがその順番だから、というのが理由。首都サン・ホセから最も近い優良産地ウエストバリーにあり、立地的にアクセスしやすいのだ。もちろん、フランシスコさんがコースの最初に設定しているのはアクセスのためだけでなく、自信を持ってすすめられるコーヒーをつくっているからだろう。

Dear Grower025

001 / 005

  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
He’s right. Herbazu makes high-quality coffee, and that quality never wavers. That’s no small feat. Toño comes from a family of thirteen children, most of whom have their own coffee farms in their own individual names, and the beans from all the different farms head to Herbazu for processing. In all honesty, the farms aren’t naturally predestined for greatness: the altitude isn’t all that super high. What keeps the Herbazu beans at that consistent, stable level of quality—and buyers from around the world, including Maruyama Coffee, flocking there—is Toño’s exceptional processing framework. Herbazu has become its own little mecca of sorts.
事実、エルバスのコーヒーは品質が高い。加えて素晴らしいのは、その品質が常に安定しているということだ。当たりまえのようで実は難しいことだ。トーニョさんは13人兄弟姉妹で、そのほとんどが自身の名前を冠したコーヒー農園を所有している。各農園の豆はエルバスに集められ生産処理が行われる。正直なところ、農園の標高はそこまで高くはないし、自然条件が飛び抜けていいというわけではない。それでもエルバスの豆が安定して高品質をキープしているのは、マイクロミルを取り仕切るトーニョさんの生産処理が優れているからだ。そのため、エルバスには丸山珈琲以外からも世界中のバイヤーが訪れ、ちょっとした名所のようになっている。

Dear Grower025

002 / 005

  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
Costa Rican coffee really started to take off after the “micromill revolution” (see Dear Grower #010 for more), and Toño was one of the first growers to get that wave going. Sparking a new movement takes a lot; without a strong vision, a take-action mindset, and a sense of conviction, it’s hard to break away from the existing structures and go in a bold, new direction. Toño did exactly that, though—he not only created his own micromill and made it a successful operation, but he’s also lavished his cultivation expertise and processing know-how on other growers. You can sense the impact that all those contributions have made and the respect the other growers have for him. When Herbazu beans won the 2015 Cup of Excellence, they celebrated Toño’s victory like it was their own.
コスタリカコーヒーといえばマイクロミル革命(Dear Grower #010 参照)により急速に発展したことで有名だが、トーニョさんは最も早くマイクロミルを始めたひとりだ。先見性や行動力、信念がなければ、従来の体制から脱却して独立しようなどという動きを起こすことはできない。トーニョさんは自らのマイクロミルを立ち上げ、そして見事に成功させた。さらに、栽培や生産処理のノウハウを他の生産者に惜しみなく提供し、サポートをしてきた。そんなトーニョさんだから皆が彼に一目を置き、心から尊敬している。その証拠に、2015年にエルバスの豆がカップ・オブ・エクセレンスで優勝したときには多くの生産者が盛大に祝福したものだ。

Dear Grower025

003 / 005

  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
Toño is the reserved type, someone who keeps comfortable, professional rapport without ever getting too chummy. I’ve known him for ten years now, and that’s how he’s always been with me—at a distance, but never cold. I get a glimpse behind that façade every once in a while, however, and see his warm, charming side. When he was showing me around his farm one time, he offered me a taste of some ripe Geisha cherries. They were great, exquisitely sweet. Francisco, my escort, asked me how much I’d pay for them. “Let’s see,” I said, and gave him an offhand quote at a pretty high price. Toño stopped in his tracks, turned around, and gaped at me, wide-eyed. He didn’t make a sound, but you could see his eyes light up and almost hear him saying “Really? Really?” It’s a little anecdote that make his friends laugh; they’ve never seen the ever-composed, stoic Toño make a face like that, after all. I’m lucky I got the chance to see it.
トーニョさんはとても節度のある人で、10年お付き合いを続けていても馴れ合うことなく心地よい距離感で接してくれる。どちらかというとクールな印象だ。ただ、ふとした瞬間に見せてくれる素の表情がとてもチャーミングだったりもする。トーニョさんに農園を案内してもらっていたとき、熟したゲイシャのチェリーを味見してみたらとても甘くて良い状態だった。フランシスコさんに「このゲイシャにいくら払う?」と訊かれ「ポンドあたり〇〇ドルかな」と何気なくいい値段を見積もって答えた。すると前を歩いていたトーニョさんがくるっと振り返り、「本当か!?」と言わんばかりに目を大きく見開いたのだ。彼をよく知る人が「あんな顔は見たことがない」と笑うほど、クールなトーニョさんが思わず素を出した瞬間だった。

Dear Grower025

004 / 005

  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
  • Toño Barrantes<br>Herbazu Micromill
It’s been about two decades since coffee revolutionaries sparked the micromill boom in Costa Rica. Now that the country’s coffee industry has bolted forward and carved out a sizable position in the market, I can’t wait to see where the road will lead next. Herbazu has set an example to follow: keep crafting beans that always taste great. If the micromill community continues to grow in that mold, the road’s bound to lead to an even brighter future.
さて、コーヒーの革命家たちによるマイクロミル革命から、およそ20年が経った。コスタリカコーヒーは急速に発展し、存在感のあるポジションを確立することに成功した。これからどんな風に成熟していくのか楽しみだ。エルバスのように「いつ飲んでも最高!」という豆をつくり続けるマイクロミルが増えれば、未来はさらに明るい。

Dear Grower025

005 / 005

  • Country

    Costa Rica

  • Region

    Lourdes, Naranjo, West Valley

  • Grower

    Manuel Antonio Barrantes Zúñiga

  • Altitude

    1,600 m

  • Station

    Herbazu

  • Cultivar

    Typica, Villa Sarchi, Geisha, Ethiopia, SL28, and

  • Harvest season

    December–March

  • Available since

    2008

  • <

    国名

    コスタリカ共和国

  • <

    地域

    ウエストバリー ナランホ ロウルデス

  • <

    生産者

    マニュエル・アントニオ・バランテス・スニガ

  • <

    標高

    1,600 m

  • <

    生産処理場

    エルバス

  • <

    品種

    ティピカ、ビジャサルチ、ゲイシャ、エチオピア、SL28など

  • <

    収穫時期

    12月〜3月

  • <

    お取引開始年

    2008年