Discover Coffee

Luis Monge / Oscar Monge
La Lia Micromill

027

Costa Rica

PLAY MOVIE

Dear Growers027

  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
The Monge family has been farming coffee in the Tarrazu region for years, ever since Luis’ grandmother’s generation. They used to follow the standard formula in Costa Rica: harvest coffee cherries, bring them to a local “megamill” (a large-scale washing station), and wait for buyers to purchase the washed beans. The problem with the megamill approach, though, is that it tends to sink farmers into a rut—if you just keep hauling your cherries to megamills, it’s hard to make improvements to the quality of your coffee. That’s because megamills mix beans from different farms together. There’s no point in making higher-quality beans if they’re all just going to end up in a hodgepodge with lower-quality beans anyway. The setup lets megamills pay less for their stock, which means that growers often struggle to make ends meet and send their kids to school. Knowing that the megamill route might lead nowhere fast, Luis headed for the United States, worked as a migrant laborer, saved up his earnings, and cr
モンへ一家は、ルイスさんの祖母の代からタラス地域でコーヒー栽培をしていた。かつては収穫したコーヒーチェリーをメガミルと呼ばれる大規模生産処理場に持ち込んで買い取ってもらう、コスタリカにおける昔ながらの農園だった。ところが、メガミルにチェリーを納め続けていては、コーヒーの品質を向上させるのは難しい。そもそもほかの農園のチェリーと混ぜられてしまうため品質向上が意味を成さないのだ。このままでは家族を養い、子供たちを学校に通わせることも難しい。そんな危機感を抱いたルイスさんは、 アメリカへ出稼ぎに行って資金を貯め、2007年、自分たちのマイクロミルを設立した。このタラスで最も早く設立されたマイクロミルのひとつは、ルイスさんが敬愛する祖母の名を冠して“ラ・リア”と名付けられた。

Dear Grower027

001 / 004

  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
Everything takes place in-house. The family cultivates their cherries and then does all the production processing at their own mill. While that might sound like common sense, it’s no simple task to break away from the long-enduring megamill tradition in Costa Rica. When Luis set to establishing the facility, there were plenty of whispers going around—the project didn’t stand a chance, people said. But Luis wasn’t going to let self-made success be a pipe dream. The first lot of beans processed at La Lia made its way to the tasting table of an exporter called Exclusive Coffees, and a buyer eventually came along to make a purchase. The customer? Maruyama Coffee. I didn’t find out that it was Luis’s first lot—an achievement to hang his hat on—until later. I’d tasted a bunch of samples, and I loved the La Lia beans. It was that simple. To Luis, though, it must have been a profound moment. “I can still remember the whole thing,” he says. After working so hard to break the mold and finish off a lot to call his ve
自分たちで栽培したチェリーを、自分たちのミルで生産処理をする。普通のことのようだが、長く続くコスタリカのメガミル体制から脱却するのは簡単ではない。当初は周囲から「うまくいくはずがない」と陰口を叩かれたそうだ。そんな状況のなか、ラ・リアで生産処理された初めてのロットが、輸出業者であるエクスクルーシブコーヒーのテイスティングテーブルに並び、買い手がついた。それが丸山珈琲だった。 記念すべき初ロットだったということは、後に聞かされた。多数あるサンプルのひとつとしていつも通り味わい、素直においしかったから買ったのだ。様々な苦労の末にようやく出来上がった初ロットを海外のバイヤーが評価した。「当時のことをよく覚えているよ」と今でも懐かしむほど、ルイスさんにとってとても感慨深いことだったに違いない。初ロット以来、丸山珈琲では継続的にルイスさんの豆を購入している。ルイスさんは弟のオスカーさんと協力してラ・リアを切り盛りし、いまでは6つの農園を所有するまでに成長した。

Dear Grower027

002 / 004

  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
One of the farms is Pie San, which sits in a valley amid Tarrazu’s many mountains. At sunrise, the area stays dark—the mountains block out the light until the sun is high enough in the sky. That’s when the morning dark lifts and you can finally start to make out the forms of pickers patrolling the rows of coffee trees on steep slopes, plucking cherries from branches with a light, effortless bounce in their step. I don’t know how they do it. To my eyes, the hillsides look terrifying—like one false step would send you plummeting straight down. The Monges could obviously flatten out the land a bit and make the farm a safer place to grow coffee, but that might just end up putting the delicious tastes of their coffee in jeopardy. The coffee gods don’t always go easy on growers, that’s for sure. There are always tests to endure.
そのなかのひとつであるピエ・サン農園は、山岳地帯のタラスらしく山と山に囲まれた谷間に拓かれている。日の出の時間が過ぎても、山が朝日を遮るためまだ暗い。山の向こうから太陽が顔を出し、農園を照らし始めると、崖のような急斜面に植えられたコーヒーの木の間で、ピッカーたちがひょうひょうとチェリーを摘んでいるのが見える。足を滑らせたら下まで転げ落ちてしまうんじゃないか、と冷や冷やするほどの斜面だ。山を削って平らにすればもっと楽に栽培できるだろうと思うが、そうすると得てしておいしいコーヒーはできない。酷な話だが、コーヒーの神様はときにこうした試練を生産者に与える。

Dear Grower027

003 / 004

  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
Luis has passed his share of tests, too, but never by pure luck. His successes have been the fruits of effort. From the family micromill to his work on optimal farm-cultivar matching, a one-of-a-kind fertilization program, and production-processing technologies, he’s constantly striving for better-quality coffee any way he can. “I might follow the same basic process year in and year out to keep the quality consistent, but nature doesn’t,” Luis says. “If the trees bloom earlier than normal, you have to adjust the whole production sequence. Things are never exactly the same.” Evolution doesn’t happen overnight. Everything’s a process.
ルイスさんも、様々な試練を乗り越えて成功した。 その成功は幸運がもたらしたのではなく、彼が努力によって実らせたものだ。マイクロミルを設立しただけではない。どの農園にどの品種がマッチするかの研究、独自の肥料プログラムの構築、生産処理技術の追求など、品質を向上させるために常に努力を続け 進化している。「品質を保つために毎年やることは同じかもしれない。でも、開花のタイミングが違えばすべての生産過程が変わってくる。 結果、毎年少しずつ違うことを行っている」とルイスさんは語る。進化とは、ある日突然、起こるのではないのだということを教わった。

Dear Grower027

004 / 004

  • Luis Monge / Oscar Monge<br>La Lia Micromill
  • Country

    Costa Rica

  • Region

    San Francisco, León Cortés, Tarrazu

  • Grower

    Luis Alberto Monge Ureña and Oscar Adolfo Monge Ureña

  • Station

    La Lia

  • Cultivar

    Caturra, Bourbon, Geisha, SL28, Typica and more.

  • Harvest season

    December–April

  • Available since

    2007

  • <

    国名

    コスタリカ共和国

  • <

    地域

    タラス レオン・コルテス サン・フランシスコ

  • <

    生産者

    ルイス・アルベルト・モンヘ・ウレニャ / オスカー・アドルフォ・モンヘ・ウレニャ

  • <

    生産処理場

    ラ・リア

  • <

    品種

    カトゥーラ、ブルボン、ゲイシャ、SL28、ティピカなど

  • <

    収穫時期

    12月~4月

  • <

    お取引開始年

    2007年