Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera

Discover Coffee

Maria Arcadia
Finca La Chorrera

038

Honduras

Dear Growers038

  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
Cangual is a farming village deep in the mountains of Honduras. My connections with the area go back to 2007, when I started buying from a group of growers in the community. Ever since, I’ve made a point to make a visit every year. And the first people I shake hands with are always the “two Marias”—Maria Santos, who appeared in Dear Grower #30, and Maria Arcadia, the grower we’re profiling this month. When I started doing business in Cangual, every single person at the growers’ meetings was male. The area still leans heavily toward a male-dominated social structure. Female growers haven’t had much of a place in the coffee community. But then something happened. You might say that I made something happen, actually.
ホンジュラスの山深い農村、カングアル。この村の生産者グループとは2007年からお付き合いが続いていて、毎年欠かさず訪問している。そして、訪問したときに最初に握手を交わすのは、“ふたりのマリア”だ。ひとりはDear Grower #30でも紹介したマリア・サントスさん。もうひとりが今回の主人公、マリア・アルカディアさんだ。 カングアルとのお付き合いが始まった当初、生産者グループの会合に女性生産者は出席していなかった。村では男性社会的傾向がまだ根強く残っていて、女性生産者のポジションが認められていなかったのだ。ところが、そんな状況を一変させる出来事が起こった。いや、丸山健太郎が“起こした”といってもいいかもしれない。

Dear Grower038

001 / 005

It was 2011. I was on my annual trip to Cangual, cupping some beans that I’d gathered from group members, and one cup hit me like a bolt out of the blue. The balance of the flavors was impeccable; the whole taste experience was on a completely different dimension. I couldn’t believe how good the cup was. I scored the beans a 97, by far the best mark of all the beans I tried during my stay. Cuppings are blind taste tests; you don’t have any information about the beans you’re tasting. But I needed to know more after I’d finished that 97-pointer. “Whose beans are these!?” I asked. It turns out they were Maria Arcadia’s.
2011年、例年のように村を訪問し、生産者たちから集まったコーヒー豆をカッピングしたときのこと。あるひとつの豆に衝撃が走った。惚れ惚れとするような高次元にバランスのとれた味わい。しみじみとうまい。その豆に97点というズバ抜けて高い点数をつけた。カッピングは、豆の情報を一切隠すブラインド方式で行われる。「これは誰の豆!?」と確認してみると、何を隠そうマリア・アルカディアさんの豆だった。 男性社会である生産者グループのなかの数少ない女性であり、いつも控えめにしていたためほとんど面識がなかったマリアさん。そんな彼女の快挙に、村の男たちは驚いたに違いない。そして、私自身も驚いた。「この場所でここまでの豆ができるんだ!」と、改めてカングアルという地のポテンシャルの高さを確信することができた。そういう意味で、私にとってマリアさんはカングアルのシンボリックな生産者となった。 2011年、例年のように村を訪問し、生産者たちから集まったコーヒー豆をカッピングしたときのこと。あるひとつの豆に衝撃が走った。惚れ惚れとするような高次元にバランスのとれた味わい。しみじみとうまい。その豆に97点というズバ抜けて高い点数をつけた。カッピングは、豆の情報を一切隠すブラインド方式で行われる。「これは誰の豆!?」と確認してみると、何を隠そうマリア・アルカディアさんの豆だった。

Dear Grower038

002 / 005

  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
As one of the few females in Cangual’s thoroughly male-dominated grower group, Maria was always quiet and reserved. I hardly knew her at all. The men of the village must’ve been shocked when they heard about her win. I know I sure was. I’d never imagined I’d be tasting beans that good in Cangual. Tasting that cup of her beans was like a revelation: right then and there, I knew how much potential the area had. Whenever I think of Cangual, Maria’s the grower who comes to mind.
男性社会である生産者グループのなかの数少ない女性であり、いつも控えめにしていたためほとんど面識がなかったマリアさん。そんな彼女の快挙に、村の男たちは驚いたに違いない。そして、私自身も驚いた。「この場所でここまでの豆ができるんだ!」と、改めてカングアルという地のポテンシャルの高さを確信することができた。そういう意味で、私にとってマリアさんはカングアルのシンボリックな生産者となった。

Dear Grower038

003 / 005

She hasn’t matched that 97-point score since, though. I might be expecting too much, but I have a feeling I know why she hasn’t been able to replicate her performance. The community just doesn’t have the know-how to sustain those quality levels on a consistent, stable basis. While she and the rest of the Cangual coffee-growing community are implementing better production techniques, they’re still short of the global standards for specialty coffee. It all comes down to an information gap, I think. If the growers in Cangual had access to solid sources of advice—specific, hands-on direction that’d help them find ways of elevating their bean quality to new heights—innovation would take off. It might be time to start putting that process in motion.
その後のマリアさんはどうかというと、残念ながら97点ほどの豆をつくることはできていない。期待値が高すぎるのかもしれないが、ここまで高いレベルの豆を安定的につくるだけのノウハウがまだないのだ。彼女を含めたカングアル全体の生産技術が向上したとはいえ、まだ世界のスペシャルティコーヒーの基準には追いついていない。情報格差があるのだ。もっと具体的かつ密接に豆の品質向上のためのアドバイスや指導ができれば、一気にイノベーションが起こるだろう。そろそろ、それを実行に移すべき時期かもしれない。

Dear Grower038

004 / 005

  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
  • Maria Arcadia<br>Finca La Chorrera
Cangual hasn’t produced any 97-point beans since 2011. I really hope the growers there do reach that level, though, and I know it’s not outside the realm of possibility. What if Maria Arcadia’s the one to set a new benchmark? Who knows? Just thinking about the future of coffee growing in Cangual gets me excited.
2011年以降、カングアルから97点以上の豆は出ていない。いつか、これを超えるような豆にまた出会いたいと願っているし、それは不可能ではないと信じている。そして、97点越えを果たすのがマリア・アルカディアさんだとしたら…。カングアルの未来を想像すると、ワクワクが止まらない。

Dear Grower038

005 / 005

Finca La Chorrera

ラ・チョレラ農園

  • Country

    Honduras

  • Region

    Cangual, San Juan, Intibucá Department

  • Grower

    Maria Arcadia

  • Altitude

    1,700 m

  • Land area

    1.5 ha

  • Cultivar

    Catuai, IHCAFE 90, Pacas, Caturra

  • Harvest season

    January–April

  • Available since

    2011

  • <

    国名

    ホンジュラス共和国

  • <

    地域

    インティブカ県 サン・フアン カングアル

  • <

    生産者

    マリア・アルカディア

  • <

    標高

    1,700 m

  • <

    農園面積

    1.5 ha

  • <

    品種

    カトゥアイ、IHCAFE 90、パカス、カトゥーラ

  • <

    収穫時期

    1月~4月

  • <

    お取引開始年

    2011