Discover Coffee

Mpanga Washing Station
Burundi

005

Dear Growers 005

The basic assumption around the world is that higher altitudes make for better-tasting coffee beans. That’s why most of the best coffee-growing farms in Central and South America sit on mountain slopes. The landscape from Mpanga Washing Station looks a bit different, however, with little green hills dotting a vast, flat swathe of terrain—and each little hill is its own coffee field.
コーヒー豆は、標高が高い方がおいしく育つ。この基本原則は世界共通。だから、中南米の優良な農園は山の斜面に拓かれていることが多い。ところが、ムバンガ生産処理場から見る風景は、中南米のコーヒー生産地のそれとは少し異なる。起伏の少ない広く平らな風景のなかに、こんもりとした小高い緑の丘がポコ、ポコと点在している。この小高い緑のかたまりのひとつひとつが“ヒル”と呼ばれるコーヒー畑の丘だ。

Dear Grower 005

01 / 04

The station is in Burundi, whose lofty altitudes—almost entirely above 1,500 meters—make the country the “Switzerland of Africa.” That puts the little hills on the plantation at perfect elevations for coffee farming. Every individual hill, measuring just a few dozen hectares apiece, has multiple owners who each oversee plots of around 100 trees or fewer. For the coffee growers, then, operations are extremely small-scale. The hill growers pick their coffee cherries by hand and bring them to a washing station, where they then collect payment for their hauls. It doesn’t matter which station the growers sell to; while most opt for the closest one, some go out of their way to sell to higher-paying facilities. Naturally, the best cherries end up at the stations that pay the most—like Mpanga Washing Station.
ムバンガ生産処理場があるブルンディは“アフリカのスイス”と言われるほど国全体の標高が高く、国土のほとんどが標高1,500m以上という大高原。だから、点在する小さなヒルのひとつひとつが、すべてコーヒーの栽培に適した標高にあるということになる。ヒルの大きさは、だいたい数十ヘクタール。ひとつのヒルには所有者がたくさんいて、それぞれが数十本とか100本といった単位でコーヒーを栽培している極めて小規模な生産者だ。彼らヒルの生産者は、自分が所有する木のコーヒーチェリーを手摘みし、生産処理場に持ち込むことでお金を得る。どの生産処理場に売るかは自由。最寄りの生産処理場に持ち込むのが一般的だが、「向こうはもっと高く買ってくれる」となれば労を惜しまず遠出する。自然と、高く買ってくれる生産処理場に良質なチェリーが集まることになる。そう、ムバンガ生産処理場のように。

Dear Grower 005

02 / 04

Once a state-owned property, the washing station began carving out its stellar reputation after current owner Jean-Clement Birabereye purchased the facility. The connection between Jean-Clement and Kentaro Maruyama was a stroke of serendipity. In 2011, Burundi played host to its first Cup of Excellence. Kentaro, tapped to serve as a judge for the Pre-Selection competition, was on his flight to Burundi when a friend from the United States approached him. “Kentaro! Kentaro!” the acquaintance said, “We were just talking about you!” In the seat next to Kentaro’s American friend was Jeanine, Jean-Clement’s cousin. Knowing that these kinds of coincidences happen for a reason, Kentaro joined the two, intrigued. “My cousin Jean-Clement runs Mpanga Washing Station,” Jeanine said. “They make great beans. It’d be an honor if you gave them a shot—we know how well you know your beans.” The connection was made. After Mpanga Washing Station beans took home first prize at the Cup of Excellence three years later, in 2014, an even bigger stream of high-quality beans started pouring into the site. It was one of those magical encounters—destined, it would seem, by a kind of coincidental fate.
ムバンガ生産処理場はもともと国営だったが、現在のオーナーであるジャン・クレメントさんが買って民営化してから成功した。ジャンさんとの出会いも、また不思議な縁によるものだ。2011年、ブルンディで初めてカップ・オブ・エクセレンスが開催されることになり、プレ大会で審査をするために丸山健太郎は飛行機で向かっていた。その機内で「ケンタロー!ケンタロー!」と声をかけられる。声の主はアメリカの知人で、「ちょうどいまあなたの話をしていたんだ」とのこと。そのとなりに座っていたのが、ジャンの従兄弟であるジニーンさんだった。聞けば、「ジャンのムバンガ生産処理場はいい豆をつくっているから、味のわかる丸山にぜひ買ってほしい」と話していたところに本人が現れてびっくりしたそうだ。この出会いから3年後の2014年、ムバンガ生産処理場の豆はカップ・オブ・エクセレンスで見事に1位を獲得し、ますますいい豆が集まるようになった。偶然のような、必然のような、とても不思議な出会いだった。

Dear Grower 005

03 / 04

Mpanga Washing Station beans are back at Maruyama Coffee again this year. Pick up a “Beans Menu” at one of our locations, and you’ll see coffee beans labeled “Mpanga Washing Station” under the product photo. The names correspond to the different hills, each of which has its own unique taste profile. The hill makes the coffee; even beans from the same general growing area or the same washing station taste different, depending on the hills they’re from. That unique landscape, with clumps of coffee trees sprouting up from mounds of green, is what gives Burundi coffee its incredibly rich depth.
さて、今年もそんなムバンガ生産処理場から豆が届いている。店舗で配布している『Beans Menu』に掲載されている写真の下に「ムバンガ生産処理場」と書いてある銘柄がそれだ。これらの名前は、冒頭で紹介したヒルの名前。同じ地域で栽培され、同じ生産処理場で処理されても、ヒルによって豆の個性はそれぞれ。ブルンディのコーヒーの奥深さは、小高い緑のかたまりが点在するあのユニークな風景から生まれている。

Dear Grower 005

04 / 04

  • Country

    Burundi

  • Region

    Mpanga, Kabuye, Kayanza Province

  • Altitude

    1,750 m

  • Station

    Mpanga Washing Station

  • Cultivar

    Bourbon

  • Harvest season

    April–May

  • Available since

    2011

  • <

    国名

    ブルンディ共和国

  • <

    地域

    カヤンザ県 カブィエ ムバンガ

  • <

    標高

    1,750 m

  • <

    生産処理場

    ムバンガ・ウォッシングステーション

  • <

    品種

    ブルボン

  • <

    収穫時期

    4月〜5月

  • <

    お取引開始年

    2011年